さつまいもで美容効果【トースターを使った簡単スイートポテト】作り方

f:id:michelangelo2010bj:20171104003346j:plain

 

あなたはさつまいもが好きですか?

 

さつまいもはたっぷりと食物繊維があり、美容効果が高い食べ物です。

 

市販のスイートポテトは味がさっぱりしているものが多く、私はたまにしっとりと濃厚なスイートポテトが食べたくなります。
さつまいもの美容効果と、不器用な人でも出来るスイートポテトの作り方を紹介します

 

さつまいもの美容効果とは

さつまいもを食べることによって、腸が腸内の善玉菌が増えて便秘の効果が期待できます。お通じが良くなることによって体内の老廃物が排出されるので、むくみにもつながります。

 

またビタミンCが豊富で、免疫力をアップさせる効果があります。さつまいもがでんぷんを多く含んでいることによって、このビタミンCは加熱しても減ることはありません。

 

またさつまいもの皮にはポリフェノールが含まれているため、抗酸化作用が働きアンチエイジングの効果があるとも言われています。

 

こんな美容効果たっぷりなさつまいもを、今日はドライブの途中で購入してスイートポテトを作りました。

 

普段全く料理をしない人が簡単に作れるスイートポテトの作り方を紹介します

このレシピの特徴は以下のとうりです。

 

  • おおざっぱな分量
  • トースター使用
  • 甘めで濃厚しっとり

 

スイートポテト作りに必要なもの

 

  • さつまいも やや大きいもの3本
  • お茶碗 八分目までの グラニュー糖
  • お茶碗 二分目までのきび砂糖
  • 生クリーム200ml(よく売っているサイズのだいたい半分)
  • バニラエッセンス 小さじ1
  • はちみつ 大さじ2杯
  • バター100 g 弱 (200 g で販売されているものをだいたい半分)
  • アルミ舟形のタルトレット型
  • 卵の黄身(スイートポテトの上に塗ります)

 

かなり大雑把な分量のレシピですが、さつまいもの品質や甘さなどその時々でそれぞれ違い、大きさもなかなかレシピ通り揃えるのは難しいことがあります。

 

どれも生で味見してお腹にあたるものはありませんので、少しずつ味見をして砂糖を入れていけば不器用な人でも味に失敗はありません。

 

スイートポテトの作り方

f:id:michelangelo2010bj:20171104003600j:plain

 

まずは大きなお鍋またはフライパンに水を入れ強火にかけます。その間にさつまいもの皮を簡単にむき、1センチ程度に輪切りして水にさらしておきます。

 

お湯が沸騰するとその中にさつまいもを入れて、さつまいもの良い香りがしてホロと崩れるぐらいになるまで茹でます。

 

茹でている間に、バターを形が崩れる程度にレンジで少し溶かしましょう。そしてアルミのカップの底にバターを塗っておきます。

 

さつまいもが茹であがったらざるでお湯をきり、ボールの中に入れます。さつまいもが温かいうちに、すぐに砂糖をお茶碗の7割程度、蜂蜜・バニラエッセンス・生クリームを入れ、しっかりとかき混ぜます。この時に味見をして、甘さの調整をしてください。すこし「甘いかな?」ぐらいが目安です。

 

甘さが丁度良く全体に混ったら、裏こし器でこしてください。こすのが面倒であれば、フードプロセッサーを使っても良いです。なめらかだと、食べた時の口当たりが最高です。

 

その後フライパンに戻し水分を飛ばします。フライパンにうっすら白く固まりがつくぐらいまで水分を飛ばして、その後アルミのカップに入れます。

 

入れた後は表面に、卵の黄身を溶きうっすらと塗りましょう。

 

トースターの中に敷き詰めて、約220° の温度で約20分程度焼きます。サーモスタットがありすぐに止まってしまう我が家のトースターのようなものであれば、途中で温度を上げて、上に塗った卵の黄身が少しきつね色になれば完成です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

料理上手な方だと、「このレシピって・・・」と思われるかもしれません。

 

ですがあまり分量にこだわらないことによって、自分好みの味で作れるのです。普段私のようにあまり料理しない方が、気軽に出来る方法を紹介しました。

 

ぜひ一度作ってみて下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。