シミ取りを皮膚科で体験・実際の口コミとは?【料金・痛み・経過】

f:id:michelangelo2010bj:20171027220406j:plain

 

頬のシミに悩んでいませんか?

 

私は夏に作ってしまったシミが、レーザー治療でしか消せない種類のものだったので思い切ってレーザー治療を行いました。

 

周りにレーザー治療を受けた人がいなくて、ネットで検索しても実際のところがよく分からないままおこないました。今後考えている方の参考になればと思い書きのこします。

 

スポンサーリンク

 

 

レーザー治療をうけるまで

始まりは日焼け止めの塗り忘れ

数年前の夏の強い日差しの日に、私は普段から季節問わず欠かしたことのない日焼け止めを塗り忘れて海辺行きました。

 

辺鄙な場所で日焼け止めを買うことが出来ず、仕方なく日焼け止めなしで一日過ごしてしまったのです。

 

そのことをすっかり忘れて冬になった頃、頬にしっかりとしたシミができているのに気がつきました! 私はいてもたってもいられず仕事帰りに皮膚科によると「老人性色素斑」(紫外線の影響で出来るもの、レーザーでしか消せない)と診断されました。

 

紹介状を書いてもらい、すぐに附属病院にレーザー治療の電話予約をしたのです。

 

その病院のレーザー治療のしくみ

診察の後にすぐに、お試しで行うかどうかを確認されました。その内容というのは、気になるシミの1か所にレーザーを一発当てて、それで3,000円 というものです。

 

その後しばらく様子をみて、かぶれたりトラブルがないようであればその後約3cm×6cm の大きさで何発でも22,000円というものです。

 

私はすぐにお試しの3,000円をお願いしました。出来てしまっていた、一番大きな直径2mmのシミを取ってもらいたかったのです。

 

実際にレーザーでシミ取りをして

レーザーで処置の方法と痛み

すぐに処置室の診察台のところに横になって、水中メガネのようなもので何も見えない状態にされます。 そして先生が「輪ゴムで弾いたような痛さありますよ〜」 と言った瞬間に、本当にゴムで軽く弾かれたような衝撃がありました。

 

痛みには至って弱い方なのですが、耐えるとかいうレベルのものではありません。

 

一応は1発3,000円ということなのですが、シミが少し濃かったというので2発打たれました。その後はすぐに看護婦さんに軟膏を塗られ、肌に似た色のテープを貼られました。

 

そしてその後に2つの点を注意されました。

  • 絶対に自然に剥がれるまでは、レーザーを当てたところのかさぶたを剥がさないように
  • 毎日必ずテープを貼り、最低でも1ヶ月は直射日光を避けるように

と言われました。そうしておかないと色素沈着をしてしまい、レーザーでシミを除去する前の状態よりも、シミが濃くなってしまうことがありますと厳重に注意されました。

 

普段の私なら横着なタイプなので、ケアが甘くなってしまうのですがせっかく取ってもらったシミが前よりも濃くなったらどうしようという気持ちが働き、それから1ヶ月は慎重に日焼けをしないように生活しました。

 

毎日薬を塗りテープも欠かさずに貼ってかさぶたも一切刺激を与えず、一週間も経った頃には自然にぺろっと綺麗に剥がれ落ちました。

 

半年後に再びレーザー

その後半年ほど経って再び診察に行った時に、前回のお試しでとってもらったところが 色素沈着も起こしてなくて問題がないといわれました。そして今回は取り放題をお願いしました。

 

先生にどこの場所が一番気になるの?と聞かれ、私が一番気になっていた小さなシミが集まってくすんだ場所のその辺り一帯をお願いしました。

 

前回とは量が違うので、何か所も打たれると、さすがに少し痛みがありました。

 

ある程度取った後に、「他に何もか気になることはない?」と言ってもらえたので「3cm×6cmの場所から外れている場所が気なってて・・・」と答えました。すると「同じレーザーを当てるならどこでも一緒だからいいよ」と、結局頬の左半分の全ての気になるシミをとってもらいました。

 

処置が終わったから今後右頬の為に参考にと思い、先生に「なぜ3cm×6cmだったのですか?」ということを質問すると、「一応その絆創膏の大きさでカバーできる場所というだけでそれ以上大きく設定すると、しばらくの間顔が絆創膏だらけになってしまうから」ただそれだけの理由でその料金設定になっていたそうです。

 

それからしばらくは顔が絆創膏だらけでその上から大きなマスクをし、念のために1ヶ月ではなく2ヶ月以上気をつけて生活しました。その状態で仕事に行き、かなり日常生活は不便でした。知らない人からは大けがしている人扱いで・・・

 

レーザーのその後の経過

f:id:michelangelo2010bj:20171027213944j:plain

 

あれから2年ほど経っていますが、現在の左の頬にシミはほとんどありません。もちろん毎日日焼け止めを欠かさず、出来るだけ日差しを避けた生活はしています。

 

もしこれから私のように、取り放題でシミを取ってもらうのであれば、一番どの辺が気になっているかというポイントを必ず確認しておいた方がいいです。私のように先生がゆるい判断の場合であると、多めに取ってもらうことが出来るかもしれません。

 

私は急に「どこでもいいよ」って言ってもらったことに驚き、あと1箇所ここが気になっていたのに、という場所を残したままになってしまいました。

 

レーザーはトラブルも多いと聞きます。しっかりと信頼出来る病院を慎重に選ぶことが大切です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク