ムダ毛処理を自宅で行う【肌に負担をかけずにお肌スベスベ】

ムダ毛処理を自宅で行う【肌に負担をかけずにお肌スベスベ】

f:id:michelangelo2010bj:20171019171424j:plain

 

すぐに伸びてくるムダ毛って厄介ですよね。

 

きちんと処理しておかないと、ノースリーブのドレスもデートも楽しめません。

 

頻繁におこなうことだから、出来るだけ肌に負担をかけたくないです。肌に負担のないムダ毛を処理の方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ムダ毛処理は肌に負担

ムダ毛処理は、どうしても肌を負担にかけてしまいます 。

 

頻繁に行うことなので「カミソリなどで剃る」と「毛抜きなどで抜く」では、「毛抜き」の方が負担が大きくなります。これは毛根自体が生きているので、毛を抜くと生きた皮膚の組織を引き裂くということになるのです。目には見えませんが、毛穴の奥で出血してるのです。

 

これを何度も繰り返していると毛根が毛穴が炎症起こして膿んだり、その炎症の跡がシミになったりと、トラブルが起こってしまいます。

 

除毛の方法

安全カミソリ

T字の安全カミソリは、自分で剃る時に調整しやすいのが特徴です。ですが剃った後に肌が乾燥して痒くなることがあります。

 

電気カミソリ

シェイバーの穴の中にムダ毛を引き込みながら、カットしていきます。かなり深いところまで剃るのことができますが、皮膚まで一緒に巻き込まないよう注意が必要です。

 

毛抜き

毛抜きを使って1本1本抜いていく方法です。 脇をずっと毛抜きで抜いていると、毛穴が膿んだり炎症を起こしたりするトラブルも考えられます。また毛穴の周りが色素沈着することもあります。

 

脱毛ワックス

温めたワックスを皮膚に塗って、冷えたら一気に剥がす方法です。テープに比べると若干負担は少ないです。またワックスの効果で、肌がしっとりとすることもあります。

 

除毛テープ

除毛したいところに粘着力のあるテープを貼って、一気に剥がすという方法です。 これはかなり肌に負担がかかり、角質も一緒に剥がしてしまうことが多く肌の弱い人には注意が必要です

 

除毛する時には

除毛する時には、できるだけ肌にダメージを残さない方法で行います。

 

体を温めて清潔に

お風呂に入っ た後などの体が温まっている時が最適です 。

 

体温が下がると、皮膚が硬くなって処理がしにくくなるのです。また除毛をする部分の皮膚を清潔にしておきましょう。皮膚を清潔にしておかないと傷から雑菌が入ってしまいます。

 

処理後は水で 冷やしたタオルなどで、しばらくをさましておきましょう。これで炎症を抑えることができます。

 

体調の悪い時には控える

f:id:michelangelo2010bj:20171019171741j:plain

 

生理前や寝不足など体調が悪い時には、除毛を控えましょう。なぜなら皮膚の免疫力が落ちているためトラブルを起こしやすく、傷の回復も悪くなってしまいます。

 

体調を優れない時には、また別の日に行いましょう。

 

スポンサーリンク