不妊は冷えのせい?!【冷え性の原因とおきやすい症状】

不妊は冷えのせい?!【冷え性の原因とおきやすい症状】

f:id:michelangelo2010bj:20171017221322j:plain

 

冷えに悩まされていませんか?

 

冷え症がひどくなると、色々な体の不調が出てくるのです。冷え性の原因とおきやすい症状を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

こんな人は冷え性です

 

  • 生理痛がひどい
  • 貧血ぎみ
  • 低血圧・体温が36度以下
  • 腰痛がある
  • 下痢気味である・便秘気味である
  • 手足が常に冷えていてなかなか温まらない
  • 目の下にクマができている
  • 疲れやすく寝ても疲れが取れない
  • 頭痛がある
  • 夜中にトイレに起きる

 

このようなことが当てはまる人は冷え症です。

 

体が冷えるとどうなるか

f:id:michelangelo2010bj:20171017223113j:plain

 

一般的に体温は 36.5度から37度が望ましいと言われています。近年は低体温の人が増えています。原因は様々で、年中体を冷やす環境や運動不足・ストレスなどが原因です。体温が下がれば免疫力も下がってしまうので、病気に抵抗する力も落ちてしまうのです。

 

また女性は脂肪が多く脂肪には血管がないので、体の末端まで血流が届かなくなるので冷え症になりやすいのです。

 

体が冷えて血液の循環が悪くなってしまうと

  • 体に栄養や酸素がうまく行き渡らずに代謝が悪くなる
  • 体に有害物質が溜まり、血管が詰まりやすくなる
  • リンパ球が減って免疫が低下する

これらは病気の始まりとなる状態なのです。

 

冷え症になると、どんな症状が出てきやすいのか

不妊

不妊は冷えが原因となっているケースが多いのです。体が冷えていると子孫を残すことよりも、自分の身を守ることが優先されて生殖機能も衰えると言われています。

 

頭痛

頭痛は頭部の毛細血管の末端にまで、血液が動かないために起こることがあります。

 

消化不良

体が冷えて強張ることによって、消化に必要な血液を十分に運べなくなってしまい効率よく栄養を吸収できなくなってしまうのです。

 

生理痛

体が冷えて子宮筋が固くなり子宮内の血流が滞って子宮が強く収縮し、生理痛がおこってしまいます。

 

便秘

低体温で酵素が届かず、消化不良になってしまいます。

 

不眠

冷えで緊張状態が続くため、横になってもなかなか眠くなりません。

 

内臓疾患

消化吸収や老廃物の排泄などの動きが鈍ってしまいます。

 

f:id:michelangelo2010bj:20171019100615j:plain

 

低体温は肩こりや頭痛といったものだけでなく、肝臓や腎臓のトラブルを引き起こすことにもなります。また美容の面でも肌にツヤがなくなったり、顔色が悪くクマが目立ってしまうことになります。

 

体を温め心身ともに健康な状態を保つことを心がけましょう。

スポンサーリンク