末端冷え性は5本指ソックスとレッグウォーマーで改善

末端冷え性は5本指ソックスとレッグウォーマーで改善

手や足の先が氷の様に冷える、そして真夏でも靴下をはいていないと眠れない・・・なんて末端冷え性で悩んでいる人は多いと思います。

 

そんなあなたに、たった2つのアイテムだけで劇的に末端冷え性が改善することができるので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

末端冷え性には5本指ソックス

5本指ソックスは、その名の通り足の指が5本に分かれたタイプの靴下です。このソックスは固まった脚指の関節を和らげて、血液の循環が良くなるため末端の冷えが改善されやすくなります。

 

また首や肩こりの防止にもなります。指が分かれていることによって足もみ効果もあるため、それによって血行が良くなり股関節や膝のクッションを柔らかくします。

 

5本指ソックスの選び方

素材は保温性と吸湿性が高いシルク素材がおすすめです。シルクを構成しているタンパク質は人間の肌や筋肉の成分とよく似ているため、肌馴染みがよく人の人間の皮膚との相性が抜群なのです。

 

また汗をよく吸ってくれて、乾きやすいという特徴があります。そして指が一本一本離れているために、指と指の間に発生しやすい湿気を防ぐとことができ、特に長時間ブーツを履いている人にはおすすめです。

 

そしてきついサイズのソックスは逆効果です。特に足首を締め付けてしまうと指先への血流が滞ってしまうので、履いているのに逆に冷えになってしまいます。

 

できるだけルーズなタイプのものを選択しましょう。

 

末端冷え性にはレッグウォーマー

レッグウォーマーを使用する最大のメリットは、ふくらはぎを温めることがです。 末端が冷えている場合は、足首周辺を冷やさないようにする方法が有効です。

 

寒さを感じている時というのは、筋肉が収縮して血液の量が少なくなっているために寒くなっています。そこで血液が冷え切ってしまっている足先を温めるのではなく、血液の冷えを防止するふくらはぎを温めるということが効果があるのです。

 

眠る時に最適

そして特に眠る時に、レッグウォーマーを着用することをおすすめします。なぜなら足首を冷気から守りつつ、足の裏からは体の熱を放熱することで体温が下がり、安眠することができるからです。

 

末端冷え性の原因

そもそも末端冷え性は、血管が収縮して血流が悪くなっていることが原因です。

自律神経を整えることで改善

f:id:michelangelo2010bj:20171012190048j:plain

 

この血流が悪いことを改善するのには、上記の5本指ソックスとレッグウォーマーの他に、入浴時に自律神経を整える方法があります。

 

入浴時に熱いお湯と冷たいお水を用意しておき、交互に足先を刺激するのです。これは足先を温めることもありますが、自律神経のバランスを整える効果も期待できるのです。

 

温冷刺激を交互に加えることによって、神経の感覚を復活させ体の血流をの巡りを良くするのです。

 

末端冷え性は、特に冬が辛いです。手も足も四六時中冷えていて、夜も眠れない・・そうなると頭痛やだるさが続いて毎日が大変です。

 

5本指ソックスとレッグウォーマーを毎日上手く取り入れることによって、その悩みは解決しますのでお試しください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク